2017年8月29日火曜日

CPU到着

こんばんは、こうちゃんです。

前回の日記で、
最強CPUを選定したところまで書きましたが、
その後・・・

こりゃ、もう買うっきゃないべ、
と思いまして、
ええ!買ってしまいましたとも

intel Xeon E5-2587
3.8GHz 16コア

もちろん飾りにするつもりもないので、
すぐに搭載!
うっとりするほどの早さで笑えてきます。

これで、超神速PCのメドが立ちました♪

こうちゃん

2017年8月2日水曜日

CPUから選定

こんばんは、こうちゃんです。

先日来自作パソコンを夢見て、あれこれスペックを考えておりますが、

結論としては、
ありえないくらいのハイスペックパソコン制作で、

まずは、
CPUが高動作周波数、かつ、超絶マルチコアをやろうかとw

ちょうど、これを思い立った頃、
世間ではcore i7が全盛を誇り、
PCを買い換えるにも、自作にも、
ひたすらcore i7がオススメされていました。

確かにいいCPUですし、スペックも申し分ないです・・・
が、それではあくまで、
物理4コア、論理8コア
ないし、一部のCPUで、
物理6コア、論理12コア
というだけでして

いえ、もちろんそれでもすごいんですけど
ただ、せっかくなので、
その上をいきたいな、と

intel自身
動作クロックを上げるのは最近の、3GHz以上、4GHz未満の状態で、
結構限界に近くなり、今後はマルチコアのコア数の追求の流れになる、と言ってるくらいですしね。
ここは、最低でもクロック数(動作周波数)3GHz以上で、かつ10以上のコア数、という条件の上、極限を目指してみようかと
そんな野望を持ってパーツ選定、まずはCPU厳選してみようと思います。

そして、探しに探したCPU
ついに決めました!!

intel Xeon E5-2587

こいつを利用します!!
物理8コア ハイパースレッディングにより、
なんと!論理16コア
しかも動作周波数は、ターボブースト機能により
3.1GHz~3.8GHz
最高値が3.8GHzあればほとんどの作業には支障がありません。

おまけに最終目標は、
マルチCPUで、
このXeonを2基で
奇跡の32コアを作るつもりです

今のとこ、日本で個人向けのケースやマザーボードを使う限りはほぼ限界のCPUと言えるものになります。
この日本最高を目指すために、
コア数や動作周波数は、もっと低いが安価なXeonシリーズもあったのですが、
あえて、この最大のものにしました。

これから入手ですが、今からワクワクが止まりません。

Xeon E5シリーズは、デュアルCPU対応CPUなのですが、
これができるだけで急に値段は跳ね上がり、
2587ともなると、なんとまあ17万円以上するのが常ですorz

core i7 の最近の販売PCに積まれているものは2万円代というのに・・・
8コア3.9GHzなどなのに・・・

もしこれが、1マザーボードにCPU何基でも積めるCPUであればどれほどうれしかったことか

しかし、ここは、安易に妥協しない、と決めたので、
値は張りますが、最高スペックを目指します。

使用するCPU
intel Xeon E5-2587
3.8GHz 16コア
ですが、とりあえずこれ1基でPC組んでみますが・・・
最終的にはデュアルCPUで、
32コアPCにする予定ですw

ほんっとやりすぎですけどね・・・
まあ、さらにお金さえかければ
4CPUで80コアとかいう、もっともっと激しいPCも作ることはできるんですけど・・・
さすがに今時の製品ですと、
intelの場合、デュアルCPU用のXeonまでが個人では限界でした・・・

4CPUまで対応してるCPUなどもあるのですが・・・
なんとまあ、1基80万円などでorz
4基で組んだら・・・320万円!?

さすがにそこまでは手が出ませんでした(>_<)
まあ、世間では超高性能サーバーとかですとここまでかけて組んでるとこもあるみたいなんですけどね。

まあ、ひとまず今回は、
32コアを目指してみます。

それでも、世間で流行りのCore i7の8コアの4倍ですしね。
十分なモンスターマシンになるかとー。

こうちゃん